メインイメージ

廃車買取の注意点

廃車買取時における注意点

廃車とは、車を解体することだけではなく手続きが必要です。廃車手続きと言って、近くの陸運局にて車のナンバープレートを返却し、登録を抹消する手続きが必要になります。自動車を解体処分し完全に処分する場合は、永久抹消登録をします。この永久登録抹消は、リサイクル法で定められたリサイクル料金を支払う必要があります。
近年は、廃車でも買取をしてくれるところがあります。普通なら費用がかかるのに業者が買い取ってくれるのには、理由があります。日本では廃車にするような車でも海外では需要があるからです。日本では、自動車の傷などを気にする人が多いですが、中国やタイなどの海外では動けばいいという考えの人が多いというのも理由の一つです。また、日本の車は丈夫なため、ボロボロに見える車でも需要が高いです。また、このような車を整備するためのパーツ取りとして事故車などにも需要があります。
買取の時の注意点として、自動車リサイクル料です。この自動車リサイクル量は、廃車時に自動車の所有者が支払う義務があります。買取してもらう場合は、所有者ではないため支払う義務がありませんが、既に支払っている場合は注意が必要です。業者によっては、うやむやにして返金しない業者も存在します。もし、支払ったかどうかがわからない場合は、自動車リサイクルシステムにて調べることができます。
車検が1ヶ月以上残っている車を廃車にすると自動車重量税が返還されます。廃車を買い取ってもらう場合は、中古車として買い取られるため、還付金がもらえなくなります。そのため、残りの車検期間によっては、売るよりも廃車にしたほうがお得になる場合があります。
近年は、海外での需要が高いため、動かない車でも買い取ってもらうことができます。また、手続きを代行してくれる業者もあります。しかし、すべての業者が良心的とは限らず悪徳業者も紛れています。そのため、複数の業者で査定してもらい比較することも大切になります。

Copyright© 2014 廃車を売る時、どんな業者がいいのだろう? All Rights Reserved.